-SDGs×SAGAMIHARA-

さがみはらソーシャルデザイン研究所は「SDGs」を推進します。

だれ一人取り残さない社会。

そのために様々な手法を提案し、社会変革のチャンスとするのが、我々が考えるソーシャルデザイン。

そんな研究をする相模原市のとある研究所が、さがみはらソーシャルデザイン研究所です。

そんな、ソーシャルデザインのためのポップイコンとして、SDGsを活用し、相模原というまちでソーシャルデザインを試みよう、そう所長(編集長)は思ったのでした。

 

じゃあ、そんなSDGsとはなんぞや?

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。そもそもどう発音するかというと、SDGs(エス・ディー・ジーズ)です。時々エス・ディー・ジー・エスと読まれる方がいらっしゃるのですが、最後はGoals(ゴールズ)の略です。

SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

 

上の可愛いアイコンがSDGs達成のための17指標。

どれもカラフルで可愛いですよね。

SDGsは、2000年に国連のサミットで採択された「MDGs(ミレニアム開発目標)」が2015年に達成期限を迎えたことを受けて、MDGsに変わる新たな世界の目標として定められたものです。

MDGsは、以下の8つのゴールを掲げていました。

ゴール 1:極度の貧困と飢餓の撲滅
ゴール2:初等教育の完全普及の達成
ゴール3:ジェンダー平等推進と女性の地位向上
ゴール4:乳幼児死亡率の削減
ゴール5:妊産婦の健康の改善
ゴール6:HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病の蔓延の防止
ゴール7:環境の持続可能性確保
ゴール8:開発のためのグローバルなパートナーシップの推進”

では、肝心のSDGsの中身、「持続可能な開発目標」とは具体的にどのようなものなのでしょうか。SDGsは「17の目標」と「169のターゲット(具体目標)」でできています。アイコンとともに、それぞれを見てみましょう。

17の目標

目標1:貧困をなくそう

目標2:飢餓をゼロに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目標3:すべての人に健康と福祉を

目標4:質の高い教育をみんなに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目標5:ジェンダー平等を実現しよう

目標6:安全な水とトイレを世界中に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目標7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに

目標8:働きがいも経済成長も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目標9:産業と技術革新の基盤をつくろう

目標10:人や国の不平等をなくそう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目標11:住み続けられるまちづくりを

目標12:つくる責任 つかう責任

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目標13:気候変動に具体的な対策を

目標14:海の豊かさを守ろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陸の豊かさも守ろう

目標16:平和と公正をすべての人に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目標17:パートナーシップで目標を達成しよう

 

いかがでしょうか。貧困や飢餓といった問題から、働きがいや経済成長、気候変動に至るまで、21世紀の世界が抱える課題を包括的に挙げていることが分かると思います。

この17の目標が更に細分化された169のターゲットの詳細は

17目標の169ターゲット →→→ コチラ

当研究所では、ショップレポートにSDGsマークを記載したり、独自の情報ルートと取材によって相模原のSDGsの推進具合、取り組みの様子などを取り上げながら、CHORUSで行うイベントなどどコラボレーションしていき、相模原がより良いまちとなるための運動につなげられたら、と思っております。

 

2030年、相模原市がSDGs先進都市となっていたら、きっと市民みんなが胸を張って「このまちは凄いんだよ」と言えたらいいな、そんなささやかな望みを持ちつつ活動していきたいです。

 

さがみはらソーシャルデザイン研究所 所長 梶山 純

 

ページ上部へ戻る