スケボーのまち、相模原・・・?

餃子のまち、宇都宮。
納豆のまち、水戸。
音楽のまち、川崎。

dscf4402

特産品や、地域性を前面に押し出すのに聞き馴染みのある文字配列のキャッチフレーズである。

みなさん知っていましたか?
相模原は、いや橋本は関東屈指のスケボーのまちともいえることを。

そしてそのムーヴメントを引っ張る存在として、橋本の片隅にスケボーショップがオープンしたということを。

dscf4388
相模原の新たな売りがいま育まれている最中なんです。
オーナーはプロスケーターの寺井裕次郎さん。
スケートボード専門店という特化したお店を開いたカリスマオーナーの独占インタビューです。

dscf4392
レポーターはお店の常連であるヤスさん。
彼ももちろんスケーター。
そんな熱いスケーター対談をご覧ください。

「小山パークへの俺なりの恩返しです」

インタビュー:ヤス

dscf4403
●僕は、相模原に住んでいるスケーターのヤスです。今日はこのスケートショップACT、ユウジロウ店長にお話を伺いたいと思います。

「名前はテライユウジロウ、年齢は32歳、出身は島根県です。」

●それではですね、お店が始まった経緯をお願いします。ユウジロウの歴史になると思うんですけどね。そもそものスケートボードの出会い、俺と出会う前は何をやっていたかをお聞かせください。

「そうですね。スケートボードの出会いは、島根から大学でこっち(関東)に上京してきた時です。スケボーやる前はバスケットをやっていたんですよ、かなりガチでやっていたんですが、怪我をしまして、バスケットの道を断念しました。何もしない時期がありまして、そんなときに友達からスケートボードをしようと誘われたんです。それが20歳くらいの時ですかね。」

dscf4405

●じゃあ結構遅咲きなのですね。なるほどなるほど。それでスケボーにハマったきっかけはなんだったんですか?

「なんですかね。トリックを決めた時の気持ち良さですかね。バスケでチームプレイばかりやっていたので、一人でやれば、やった分だけ上手くなる、上手くいく。それがもう楽しくなっちゃって。」

●なるほど。仲間の存在もあるとお聞きしましたけど。

「そうそう。頑張った分は見ている仲間が絶対褒めてくれる。しかも拍手付きで。やればやるほど、仲間が認めてくれるんですよね。それがハマったきっかけですね。」

dscf4406

●その後のキャリアの話ですが、普通は大学生なら就職とかになるけど、ユウジロウはスケボーを追いかけてカナダまで行ったんですよね。なぜスケボーのキャリアを追い求めたのですか。

「とにかくうまくなりたかった。ガキみたいな考えですけどね。うまくなることしか頭になくて。それで海外挑戦を決めました。行く機会はここだ!今しかないって。」

●その後どうでしたか。

「一年くらいでしたが、まぁすごい影響を受けましたね。二回目のハマり時期みたいなものでした。」

●本場である向こうとの差がありすぎて、苦しんだりはしませんでしたか。

「まだ若かったからですかね。“全然いけるっしょ”って思っていました。今考えたら100%いけないんですけどね。でも若い子はそのくらいじゃないとうまくなりません。」

dscf7376

●勘違いしてうまくなるからね。

「僕は完全に勘違いしていましたね。」

●カナダから帰って来た後は、その先どうしようと思っていましたか。いきなり相模原を選んで来たわけではないでしょう。

「もうカナダにいる時から日本のスケートボード雑誌で、ここ小山公園は知っていました。“相模原にスケートボードパークがオープンするよ”って書いてあった。だから、俺が戻ってきたら“まずここでしょ”と思って来ました。」

●東京とかじゃなくて?

「じゃなくて“もうここでしょ”みたいな。」

dscf7403

「草大会だと多分日本一だと思います」

●小山公園は、当時一番の規模で、さらに公共のスケートパークでしたからね。

「それで設備もあるしで本当に条件が全部そろっていたんです。今では八王子だったり新横浜だったりいろいろあるけど、当時はなかったですからね。」

●そっかそっか。その時の気持ちというのは“相模原から頑張ってスケートキャリアを作っていくぞ!”っていう意気込みだったのかな。スケートで飯を食うくらいのね。

「そう!ほぼそれでしたね。スケート上手くなりたいとしか考えていませんでした。」

●なるほど、それが相模原を選んだ理由ですね。

「俺が生活する条件はそろっていましたね。いいスケートパークがある。いい友達がいる。いい環境でいい場所です。」

dscf7407

●そうだよね。小山パークのイベントも珍しいくらい人が集まるしね。日本も結構色々な
スケボー団体や協会とかあるんですけど、ローカルな俗にいう草大会なのに規模が大きいし、レベルが高いからたくさんのスケーターが来てくれますね。

「草大会だと多分日本一だと思います。」

●そういうスケートライフの積み重ねで、今のこのショップがあるんですね。いつぐらいからショップをやろうと思いはじめていましたか。プロの第一線でやっていたわけでしょう。

「そうですね、プロとしてスポンサーもゲットできて、それからまだ上を目指すということもできたんですけど、もう歳もあったんですかね。次の子達らにちょっとでもいい環境を残してあげたいなと思うようになりました。正直パークはいいのに、近くにスケートショップがないというのが始まりでした。滑っているとき、スケートショップが近くにあればいいなと思うことがたびたびあったからです。“ギアが壊れた”とか。“今どんなスケート情報があるんだろう”とか。それらが解決できるスポットがあったらいいなと思いました。あとは大人なので終わって酒を飲んだり、ちょっとまったりしたりする場所があればいいなって。」

●そういう場所を作ろうって思ってのお店なんですね。

「小山パークへの恩返しですよね、実際。」

dscf4405

●それはいいことですよね。

「ACTし続ければ、絶対何かある」
●ACTという店名に込めた思いを教えてください。

「店名はですね、いろいろ調べたときに他にもかっこいいものがいっぱいあったんですけど、この名前にしました。自分自身が常に行動(ACT)を第一に生きてきたタイプなんです。スケボーがうまくなりたい、じゃあスケボーしに行かなきゃ。それをそのまま名前に埋め込んだ感じです。」

●行動=ACTって感じのわかりやすい名前だね。

「ACTし続ければ、絶対何かあるという事をみんなに伝えたいです。」

●続いてはお店のこだわりですね。ここは他のスケートショップと違うと思うんです。他のお店はファッション目当てとかでくる子もいるからアパレルとかが結構あると思うけど、この店はやっぱりギアなどの品ぞろえやボードの品ぞろえが売りだよね。

「ギアにすごくこだわっています。本当のプロショップですね。だから逆にアパレルとかは少ないです。こっちのコーナーは20歳までバスケやっていたので、バスケットウェアがちょっとあります。ボーラホリックというブランドと、タチカラというボールメーカーを扱っています。この二つだけちょっと特別に取り扱いさせてもらっています。小山にバスケットコートもあって、年間使用率がバスケとスケボーで4万人もあるんですよ。バスケが2万人、スケボーが2万人。バスケをやっている人たちにとっても環境が整っているので、スケートとバスケットを融合させた他にはない店をやらせてもらっています。」

dscf7394
●小山公園の痒い所は全部ここで解決な場所だね。

「そうですね、俺なりの恩返しじゃないですけど、俺がやっているときに痒かったんですよ。やっぱり環境さえあれば若い子らは伸びるんですよ。スケボーしている子も、バスケしている子もどんどん気軽に来て欲しいですね。ビデオだけ見に来るでもいいし。」

●今後の目標や野望は?

「オリンピックも追加種目で候補になっているんです。オリンピックに向けて室内のスケボーパーク、スケボープラザを作りたいですね。」

dscf7425

●小山パークがオープンした時に始めた小学生がどんどん強くなっていて、アメリカの大会に行った子もいるよね。日本も環境が整っていけばどんどん強くなると思うので、行政の協力がもっとあるとスケーターとしては嬉しいよね。

「今、大会もパークも本当に盛り上がってきていますからね。バスケとスケートの共同の大きなイベントとかもやってみたいですね。」

●最後に、これからスケボーを始める人たちや、お店に来る人たちにメッセージをお願いします。

「この店には自分がいるので気軽に来てもらえればと思います。スケートボードの話なら何でも相談のります。若い子だったら恋愛相談にも乗りますよ。本当に地域密着型なので。商品も納得してもらえなかったら買わなくてもいいです。このウェブサイトを見て少しでも行ってみようと思ってもらえれば、ありがたいです。」

dscf7433

<お店インフォメーション>

住所:相模原市緑区東橋本2-1-1
TEL:042-812-0757
FAX:ナシ
MAIL:act.sb.store@gmail.com
営業時間:12:00~20:00
定休日:不定休
駐車場:ナシ
ホームページ:ナシ

dscf7370

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CHORUS公式twitter

CHORUS公式twitter

相模原市

相模原市

相模原商工会議所

相模原商工会議所

相模原市自治会連合会

相模原市自治会連合会

相模原青年会議所

相模原青年会議所
ページ上部へ戻る