星が丘の通り沿いにひと際にぎわうお店がある。

若き二代目が切り盛りする星が丘の激ウマ中華料理屋 萬福(まんぷく)。

IMG_1029

真っ赤な看板の下、老若男女が集うのは、本場中国の味を楽しむため。

お店のこだわりから、店主の人柄までババッと見せちゃいます!

レポーターはあやかちゃん。

それではインタビューをどうぞ!

IMG_1117

「いっぱい福があるっていうのと、お腹一杯の満腹にかけています」

インタビュー=あやか

●まず伺いたいのが、お店の名前の由来です。「萬福」っていう名前の由来は何かあるんですか?

「はい、萬という字と合わせてすごくいっぱい福があるっていうのと、お腹一杯の満腹にかけています。萬って一万二万の万じゃないですか。それで福がいっぱいという願いを込めています。」

●なるほど~お腹いっぱいにもなるということですね。

「はい、満腹です。」

IMG_1034

●福沢さんは中国の方なんですか?

「100%中国人です。生まれも中国で両親ともに中国人なんです。」

●そんな福沢さんが作る料理は、まさに本場の味ですね。このお店の雰囲気ってやっぱり中国を意識したものなんですか?

「一応。ほぼ手作りの内装なんです。」

●萬福って出来て何年ぐらいなんですか?

「えーと、今年で7年になりますね。」

●ずっとここでやってらっしゃるんですか?

「そうですね。ここで両親が始めて、今は自分が継いだ感じです。最初は、この下のところも全部コンクリのままで、砂を敷き詰めるところから始めたんですよ。あと母親が結構愛想が良くて、地元自治会の人たちとも仲良くなれて、今ではたくさんの方に来ていただけるようになっています。」

●なるほど、そうやって地域にうまく溶け込んだからこそ、20年30年続いているかのような安定感があるんですね。
IMG_1088

「はい、そうかもしれませんね。それではどうぞ、餃子と唐揚げを用意したので召し上がってください」

●ありがとうございます。いただきます。

(餃子と唐揚げが運ばれてくる)

●わぁ~肉汁がすごい。それに皮が厚くってモチモチしていて、美味しいです。

「ありがとうございます。」

●お店の内装も、手作りの物がたくさんあってすごいですね。

「やはり両親とも中国の人なので、どこかの業者さんとかにお願いしてやってもらうよりも、全部なんでも自分で作ってしまおうとやってきたんです。」

●なるほど。それがお店の良い雰囲気を作っているんですね。

「はい。外の看板なんかも手作りで、手書きなんです。」

●そうなんですか!?すごいですね。今日は、いろいろとお話しを聞かせていただき、ありがとうございました。

「ありがとうございます。」

IMG_1101

 

<お店インフォメーション>

住所:相模原市中央区千代田7-6-27
TEL:042-810-6687
FAX:042-810-6687
MAIL:toyoki_manpuku@ezweb.ne.jp
営業時間:11:00~15:00、17:00~24:00 (LO 23:00)
定休日:ナシ
駐車場:ナシ
ホームページ:ナシ

IMG_1022

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CHORUS公式twitter

CHORUS公式twitter

相模原市

相模原市

相模原商工会議所

相模原商工会議所

相模原市自治会連合会

相模原市自治会連合会

相模原青年会議所

相模原青年会議所
ページ上部へ戻る