今年も大好評を博した「さがみはらスイーツフェスティバル」。
市内30以上の様々な店舗が甘味の技術、発想のしのぎを削った秋が終わりました。
ここでは、参加店さんの裏の顔や作品に込めたこだわりを振り返っていきたいと思います。

米来?
なんと読むんだろう?

な、な、なんと読み方は “ベーグル”

当て字なのか?
いやいや、違う。
なんと、素材は米。
パンって小麦なんじゃなかったっけ?という固定概念をヘルシーな路線から覆す食のパラダイムシフト的なお店の紹介です。

それではインタビューをどうぞ。

「小麦フリーです」

インタビュー:スイーツ取材チーム

●今日はよろしくお願いします。

「よろしくお願いします。」

●ベーグルのお店なんですか?

「当店は米粉パン専門店であり、卵、乳製品を使わないパンがメインです。他にも小麦を使わない商品も続々と発売中です。店主のオススメ商品はお米しふぉん、お米ピザ。どちらも小麦フリーです。私たちは素材を畑まで取りに行ってこだわりのパンを作っております。安心安全の手作りパンです。パン職人は全員女性でして、皆さんのお越しをお待ちしております。」

●スイーツフェスティバルのエントリー商品名を教えてください。

「作品名はお米ととうふのドーナツ和輪さがみです。」

●このスイーツのアピールポイントはどこでしょう?

「作品の内容ですが、相模原産の素材として、大島のお米、津久井大豆、相模湖のモロヘイヤ、田名のブルーベリーを使っています。小麦、卵、乳製品不使用の焼きドーナツとなっております。」

●どうも、ありがとうございました。

~スタッフコメント~
店名の通り米粉ベーグル・米粉パン・焼き菓子専門のお店。
商品は味も形も個性たっぷり20種類以上!
すべて女性職人の手作りで、アレルギー対策もばっちり。相模原産の材料をふんだんに使用した安心・安全な優しい味です。

スイーツ店以外にもカフェ、パン屋、居酒屋まで幅広いお店が創作メニューで競い合った2016年のスイーツフェスティバル。
来年はどんなドラマが待っているか、今から楽しみですね!
以上、コーラスがお届けするさがみはらスイーツフェスティバル特集でした。
※エントリー商品の販売の取り扱いは終了している場合がございます。
<お店インフォメーション>

住所:相模原市中央区星が丘1-3-14
TEL:042-719-1722
FAX:同上
MAIL:info@bgr-shop.jp
営業時間:9:30~19:00
定休日:火曜日
駐車場:ナシ
ホームページ:http://www.bgr-shop.jp

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CHORUS公式twitter

CHORUS公式twitter

相模原市

相模原市

相模原商工会議所

相模原商工会議所

相模原市自治会連合会

相模原市自治会連合会

相模原青年会議所

相模原青年会議所
ページ上部へ戻る