廃材LABO&アートマーケット

廃材LABOとは?

廃材LABO(ラボ)とは?

ハンドメイドに関するイベントの企画・運営を行う「くらげ雑貨店」が主体となり、「さくら市2017」内で開催するイベント。

相模原市内の製造業・小売業・飲食店等から出る廃棄物を提供していただき、ハンドメイドの材料として販売、また廃材を使用したワークショップを実施する。

ハンドメイドという視点でごみを見直して有効活用し、また普段接することのない事業廃棄物を通して市内にどんな業種があるか、それが自分たちや地域にどんな役に立っているかを知り、楽しみながら考えて学ぶイベント。

 

廃材販売

相模原市内の製造業・小売業・飲食店等から出る廃棄物を洗浄・処理して販売。
例)飲食店から出る業務用の空き缶やワインコルク・木箱・麻袋等
印刷業から出る不要の紙管・断裁紙の切れ端等
小売業から出る不要のパッケージや空箱・廃棄ロスとなった製品等

ハンドメイドワークショップ

上記を使用したハンドメイドワークショップ。使い方の提案。
例)不要の紙を集めて和綴じメモ帳を作ろう
空き缶をペイントでリメイクして小物入れを作ろう
協力していただいた企業・店舗の紹介
廃材を提供いただいた企業・店舗を当日会場内でパネルまたはパンフレット等で紹介。どんなものを作ってどんなごみが出るのかを知ってもらう。

■日時 平成29年3月19日(日)10:00-16:00

■場所 相模原西門商店街内グリーンバザール

■材料提供店数8店

 

 

アートマーケットでは、市内で活躍する作家さんが多数参加!!!

ページ上部へ戻る