ふとしたまち中にある匠の味。

こんな高いクオリティが、なんでこんなところに?

と、まで言うと相模原に失礼なのかもしれませんが、不思議とこのまちにはそういう側面があります。

 

今日紹介するのは日本食。

THE和な味を提供する橋本の未来の巨匠を紹介いたします。

玄武庵(げんぶあん)

相模原産まれの地元愛に溢れた和の鉄人に根掘り葉掘り聞いちゃいました。

レポーターは相模女子大学のますみちゃん!

 

初々しいレポートをご覧ください!

 

「記憶に残る食事の時間を」

インタビュー:ますみちゃん

  • レポーターの芝ますみと申します。よろしくお願いします。

「よろしくお願いします。」

  • お店が始まった経緯や歴史を教えてください。

「この仕事に入ったときから自分のお店を持つというのが一つの目標でした。また私が育ったのが相模原だったので、地元でお店ができたらなということで始めさせていただきました。」

  • 店名の由来を教えてください。

「うちの店ではお蕎麦を食事の最後にお出しするんですが、お蕎麦の粉にする前のものを玄蕎麦というんですね。大本の部分から新しいものを生み出すということで、本当は玄武庵の玄に生まれるという字を当てて“玄生庵”でした。今の“玄武庵”は、中国の四神のひとつが玄武というんですが、その神が北をつかさどる神であったりとか、しょっぱいものであったり、水をつかさどる神であるので、塩味のあるものをご提供することになるので、そのような意味を含めまして、“玄武庵”という名前にさせていただきました。」

  • お店のおすすめ商品、サービス、こだわりを理由を含めて教えてください。

「こだわりの商品は、地方の生産者から直接いただいた季節の食材です。季節感のある日本料理に仕立ててお出ししております。あとはなかなか手に入らない日本酒やワインもご提供させていただいています。お店の内装なども含めて、日常的な食事の空間というより、晴れの日の食事ということで、よりゆったりと食事をしていただけるような、環境作りとサービスを心掛けています。」

  • 黒いテーブルなど落ち着いた雰囲気を出していますね。

「そうですね。ご利用の内容として、ご接待や、ご家族の記念日等、そういったような外食でご利用いただくことが多いので、落ち着きのある雰囲気を出すためにも色合いも抑えて、その分を調度品で色味を入れていますね。」

  • お店をやっていてよかったなと思う瞬間について教えてください。

「ご利用いただいたお客様が、ここで食事をしてよかったと喜んでもらえるときです。やはり数多くの飲食店がありますのでその中から選んでいただいてご満足していただけるということが一番やりがいに繋がります。」

  • お店の客層の男女比等について教えてください。

「ほとんどは半々くらいですね。」

  • 和食ということで年齢層は高い方が多いのですか。

「そうですね。40代から60代くらいまでがメインの客層になります。ご夫婦の方も多いです。あとはご法事やご結婚の顔合わせだったりとか、出産祝いなどのお祝いごとに、週末のお昼間お使いいただくことが多いですね。」

  • やはりお祝いで来られる家族の方が多いですか。

「そうですね、基本的にはご家族の方が多いです。また社用でのご利用と、会社関係の方々でお食事にいらっしゃるお客様もいらっしゃいます。」

  • 玄武庵さんにとって相模原とはどういう街ですか。

「僕にとっては生まれ故郷になりますね。」

  • やはり馴染みのある街ですか。

「そうですね。」

  • 季節よると思いますが、どのような食材があるんですか。

「鮎や鱧などがあります。フルーツでは桃などです。野菜ですと、シチリアなすや青長なすなどですね。夏場はハーブもあります。かぼちゃのつぼみの中にクリームチーズとバジルをつめこんで天ぷらにしたりして、お出ししています。あとは、フェンネル、ディルなどあります。基本的には千葉のほうから西洋野菜をいただいているので、ビーツや薄紫大根など根菜系もあります。」

  • 普段食べることのないものが多いですね

「一般的な日本料理や和食屋さんは、定番の食材があるんですが、そういったものではなく、本来西洋料理で使われるような食材を日本料理の技術で調理して提供させていただいています。基本的にワインや日本酒に合う料理を考えさせていただいています。」

  • このようなお店を出す前は、どういうところで料理を学んでいたのですか。

「一番初めに原宿の“重よし”で基本的な日本料理を学び、その後に早稲田の“松庵”で日本蕎麦を学び、3件目に恵比寿の“魚豆根菜やまもと”で生産者の方とのお付き合いを含めて、今の出している料理の原型に近いものを学ばせていただきました。日本料理はお店で習わせていただいたんですけど、西洋料理のフレンチやイタリアンはすべて独学です。」

  • やはり海外によく行かれるんですか。

「海外に行ったこともありますし、日本で食べ歩きをしたり、本などで知識を得ました。

ワインはフランスを中心になかなか手に入らないものを仕入れております。日本酒のほうも年に6回ほど、蔵元さんをお招きしてお酒の会をやらせていただいています。このお店で自分の作ったものを飲んでいただいたり食べていただきながら、生産者にとってはお客様と繋がりを持ち、作り手さんからも貴重な機会になっていると喜んでいただいています。世の中にはこれだけものがいっぱいありますので、何が良くて何故この値段なのかが明確にならないことが多いと思います。そうするとお客様も値段で選んでしまうことが大きな要素になってきますので、価値のあるものをご理解いただき、より長く愛していただくような関係が築ければいいなと思います。」

  • 日本酒やワイン等も色んなものを比べたりするんですか。

「それぞれ作る方によって思いや理想とする味などが違ってきますので、比較対象にはならないですね。それぞれの個性を見たときに、素晴らしい仕事をしている方で、金額も良心的な値段でものを作ってらっしゃる方は、大きな会社ではなく個人事業主の方が多いです。そういった方の下支えができればいいなと思って扱わせてもらっています。お酒もそうですけど、お客様のほうも非常に知識を持っている方が多いので、より専門的なものであったり、なかなか飲めないものなどをお求めで、そのような方々には喜んでいただいています。外国のお客様もお見えになる機会も増え、仕事で海外からお客様をお招きする方もいらっしゃるので、その時にご利用いただいたり、都内からお見えになるお客様も増えました。」

  • 何かお客様に対してメッセージなどあればお願いします。

「記憶に残る食事の時間をご提供できると思いますので、是非特別な日にご利用いただければと思います。」

  • 質問は以上です。ありがとうございました。

「ありがとうございました。」

 

<お店インフォメーション>

住所:相模原市緑区橋本3-20-17デイム橋本1F

TEL:042-703-3341

FAX:ナシ

MAIL:ナシ

営業時間:11:30~14:00(最終入店13:00)

17:30~22:00(最終入店21:00)

定休日:毎週火曜(水曜はディナーのみ営業)

駐車場:ナシ

ホームページ:http://www.genbuan.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CHORUS公式twitter

CHORUS公式twitter

相模原市

相模原市

相模原商工会議所

相模原商工会議所

相模原市自治会連合会

相模原市自治会連合会

相模原青年会議所

相模原青年会議所
ページ上部へ戻る