淵野辺のはずれに、突如現れるお洒落空間。

お菓子屋さん?焼き菓子専門店!?

素材の卵にこだわりぬいた末に、相模原に行き着いた女店主の妙技が冴える焼き菓子専門店。

コレ→“Sucreco”でシュクレコって読むんですよ。

店内にはなんとも上品な甘い匂い。
甘すぎず、それでいて卵の濃厚な匂い。

昨年オープンしたばかりだが、もう淵野辺を語る上で欠かせないお店になったとか、なってないとか?

可愛らしいオーナーへのインタビュー、お楽しみください。

IMG_2088

「焼き立てとか作り立ての焼き菓子の良さを知ってもらいたい」

インタビュー=あやか

●お店を始めた経緯について教えてください。

「焼き菓子の専門店というのは都内にはあるけども、相模原にはあまりないので専門店にしようとしたのと、あと相模原は卵が多く採れたりするため、お菓子を作る環境に適していたのでここに開きました。」

IMG_2052 IMG_2044

●専門店って結構珍しいですよね。あとお店の由来、「シュクレコ」ですけど、どうしてこの名前にしたのですか?

「「シュクレコ」は造語で、「シュクレ」は、フランス語で「お砂糖」って意味です。あと「CO」が英語で「カンパニー」って意味で、繋げて「シュクレコ」にしました。あと私の苗字が「佐藤」っていうのもかけています。」

●こうやってたくさんの商品がありますけど、おすすめって何かありますか?

IMG_2066

IMG_2049

「おすすめの看板商品はマドレーヌで、うちのマークにもなっています。卵とバターと小麦粉も全部こだわった物で作っていて、一番シンプルなお菓子ですけど、味がよく分かるお菓子ですね。」

●一番売れているものはなんですか?

「一番売れているのはもちろんマドレーヌと、あとは季節で変わるタルトです。」

●今はレモンとカシスとベリーなんですね?

「そうですね。あとは洋梨が出たりとかチョコレートタルトが出たりとか、季節で変わりますね。タルトは全体的には一番人気があるかもしれないですね。」

●ちなみに今はレモンとかですが、次のラインナップはいつ頃変わるとかは決まってたりするんですか?

「大体は四季で変わります。」

「スイーツ男子が意外と多いです。しかも結構4、50代の男性」

●お店をやっていて良かったと思う瞬間はありますか?

「ここのお菓子を求めに来てくれるお客さんがいることですね。作りたてとか焼きたてにこだわっているのをわかってくれるお客さんが来てくれる瞬間が嬉しいですね。」

IMG_2035

IMG_2037

●お客さんの客層って、女性の方とか男性の方とか、どちらが多いんですか?

「結構どっちも・・。半々ぐらいですね。ちょっと男性のお客さんの方が多いかな~ぐらいですね。」

●意外です。プレゼント用に買って行かれるんですか?

「いえ、自分用ですね。スイーツ男子が意外と多いです。しかも結構4、50代の男性が多いですね。なんか結構お酒と一緒に食べる人が多いみたいです。うち、そんなに甘さはくどくないらしいので、それで一緒に食べる男性がいますね。ワインとか日本酒とかみたいです。」

●お店から見た相模原ってどんな感じですか?

「この周辺に限って言えば、食べるものにこだわっている人が多いですね。」

●お客さんへのメッセージを最後お願いします。

「『デパ地下とかで売っているお菓子とは違います』って言いたいです。一回食べてもらって、焼き立てとか作り立ての焼き菓子の良さを知ってもらいたいです。」

●なるほど。今日はどうもありがとうございました。

IMG_2076

<お店インフォメーション>

住所:相模原市中央区淵野辺4-28-14淵野辺第9ビル1F
TEL:042-707-4773
FAX:042-707-4773
MAIL:S.S.Sucre47@gmail.com
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜 (日曜 不定休)
駐車場:ナシ
ホームページ:http://yakigashiya-sucreco.comIMG_2019

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CHORUS公式twitter

CHORUS公式twitter

相模原市

相模原市

相模原商工会議所

相模原商工会議所

相模原市自治会連合会

相模原市自治会連合会

相模原青年会議所

相模原青年会議所
ページ上部へ戻る