下九沢って皆さんどんなイメージがあるでしょうか?

緑区?

中央区?

IMG_0155

お地蔵様の名前の交差点があったっけ?

近くに大きなお風呂屋さんがあったような?

雄大な大自然がそびえる地域とは少し違ったそんな相模原。

それが下九沢である。

IMG_0230

今日は、そんな下九沢にキラキラと輝くお店を紹介したい。

「天使のゆめ」

何屋だろう?

名前だけではサッパリである。

実はここ、天然石やアクセサリーを扱うショップです。

IMG_0221

文字通り、天使が棲んでそうな真っ白な建物の中は、輝かしい光と暖かい空気に満ち溢れた可愛さの宝石箱のような空間。

下九沢になんでこんな場所が!?

お店と同じくらい可愛らしい店主の小川さんにそのところも含めてズバリ聞いてみました。

DSCF5692

レポーターはMr.TK。

今日はどんな魔法のような話術が繰り出すのか?

IMG_0218

それではインタビューです、どうぞ!

 

「人がほっこりするようなことがやりたかったんです。」

インタビュー:Mr.TKDSCF5675

 

●小川さん、今日はよろしくお願いします。

「よろしくお願いします。」

●この“天使のゆめ”を始めたきっかけを教えてください。

「人と繋がる仕事がしたかったのでお店をやりたかったんです。今までもお客さんを相手にするサービス業、販売業をずっとやってきたので。」

●具体的にはどういう仕事ですか?

「高校生の時、最初にアルバイトしたのがラーメン屋さんで親が勝手に決めてきました。」

IMG_0340

●ええ!?そうなんですか。

「近所に毎週出前をとっていたラーメン屋さんがあって。「どうせアルバイトするんでしょ!」と言われ「それなら家族ぐるみで知っている安心で安全なところが良い」と言われて卒業式の2日後ぐらいから「アルバイトはあそこのラーメン屋さん行きなさい」と言われました。」

●なるほど。その後も飲食店だったんですが?

「美容院の雑用や、専門学校の時は子供靴のお店や服屋さん。ショッピングモールみたいなところでも働いていました。」

IMG_0325

●そうしていろいろな経験を得た上でこの“天使のゆめ”なんですね。天然石やアクセサリーに興味があったんですか?

「お店をやりたかったと言いましたけど、最初何屋さんをやりたいというのが特になくて。」

DSCF5708

●すごいですね、それではじめるって(笑)。

「なんかこう、人がほっこりするようなことがやりたかったんです。なので本当はものを売る仕事じゃなくても良かったんです。それでその頃、天然石がすごく好きでこれでお店をやろうって決めました。」

●そうだったんですね。開店当初と今とでは扱っている商品などに変化はありますか?

「少し幅が広がったぐらいで特に変わっていません。」

●“天使のゆめ”の名前の由来を教えてください。

DSCF5713

「すごく単純なんですけど、天使がものすごく好きだったんです。しかも英語の“angel”ではなく、日本語で“天使”が良かったんです。じゃあ天使の何にしようと考えてたら、“天使のゆめ”って言葉が浮かんできました。娘の名前が“ゆめ”っていうのもあるんで、ちょうどいいかなって。漢字の“夢”ではなく、ひらがなのふんわりした、ゆるい感じの名前が良かったんです。」

●なるほど、娘さんの名前もかかっていたんですね。来るお客さんは男女比でいうと大体どのくらいですか?

「7:3ぐらいですね。女性が7で男性が3くらいです。」

●何歳ぐらいの方が多いですか?

「男女問わずお客さんの年齢層は広くて、高校生みたいな人から、結構年配のおじいちゃんなどもいらっしゃいます。」

●自分の買い物とプレゼントとでは、どちらのお客さんが多いですか?

DSCF5679

「そうですね。プレゼントよりは自分でという方のほうが多いでしょうか。」

●商品を選ぶ際に、小川さんがアドバイスしたりするんですか?

「必要であればしていますが、最初は自由に見ていただいています。好きな石を1粒ずつ選べるシステムになっているので、何を使いたいかっていうのをお客さんに一通り見ていただいて、ボードがあるんですけど、そこで並べていくんですね。あれで手首のサイズを図ります。」

●あれはそういうものなんですね。知りませんでした。

「 あれで手首のサイズが大体何センチか計って、そのサイズで丸く並べていくとブレスレットになるんです。」

IMG_0185

●それを作るのは小川さんがやってくれるんですか?

「そうですね。基本的にはうちで繋ぐんですけど、女性だと中には、自分でやってみたいという人もいて教えながらやったりもします。」

●子どもでもいいんですか?

「そうですね。うちの娘なんかも、もういっぱいあるのに作りたくてよく来ます。オープン当初は小学生がすごく来て、他のお客さんから「お教室かなんかやっているんですか?」とか聞かれたぐらいです。」

●みんな女の子ですか?

「男の子も多かったんです。500円玉握りしめて、「500円以内で!」と言って作っていました。」

●へぇー!可愛いですね。

「可愛かったですね。」

●500円以内で一個作れてしまうものなんですか。

「そうですね。1粒10円とか20円のものとかもあるので、安価の石を選べばできます。それに子どもの手首は細くて数もそんなにいらないので。」

DSCF5771

「商売やる気あるんですか?とか言われることはあるんですけどね。」

●値段がリーズナブルなのはお客さんには良いですよね。この石にそれぞれいわれや想いなどあったりするんですか?

「そうですね。パワーストーンが目的で来られる方も少なくありません。ちょっと仕事運を上げたいとか、健康でありたいとかですね。ただ私自身パワースト-ンはそこまで詳しくはないんです。大事なのは、石を付けたことで本人の気持ちがどう変わるか、だと思っているので。」

●確かに。気持ちはすごく大事ですよね。

「だからあんまりそっちを目的として来られていると・・・難しいんですけど、そういう想いを切っちゃうのも良くないかと思うんで、ハッキリ言わないようにしています。」

●でも中には、そういうものがないと自信が持てない人もいますよね。

「すがりたいのはわかるけど、その弱みにつけ込むようなのは嫌じゃないですか。でも「パワーなんてないですよ!」って言う訳にもいきませんし。」

●難しいですね。

DSCF5676

「はい。一応コンセプトじゃないですけど“天使のゆめ”の考え方みたいなのがあるんです。それは、“持ったからどうなるものではない”ということ。依存をさせないお店を目指しているんです。持ったら、毎日眺めて自分が高まって、嬉しかったり、頑張ろうって思えたり、気分が良くなったりすることがあると思うんですよ。でもそれは、頑張ったから結果が出たので石の力だけでは絶対ないんです。」

●ちょっと背中押す存在ならいいけど、依存はしちゃいけないってことですね。

「信じるものは救われるっていうのも、確かにあるので、一概に否定はしません。」

DSCF5733

●でも、それがお客さんの良いきっかけになるのなら、素敵ですね。

「石屋なので売れたら嬉しいんですけど、いつもお客さんに無理して買わなくてもあなたは大丈夫だよと言っているんです。だから、商売やる気あるんですか?とか言われることはあるんですけどね。でも、石屋をやるんだったら絶対そこは曲げないつもりです。“それがないと不安”っていう石の持ち方は間違っていると思うんで。」

●なるほど。そこがこの店のこだわりなんですね。

「そうですね。パワーストーンというのが広く知られていますけど、純粋な気持ちで石を見てもらいたいです。だから本当に天然石が好きで、愛でてくれる人にもっと来てもらいたいです。「石、可愛いー」とか「すごいキレイー」と言われるのが一番嬉しいです。」

IMG_0159

●この建物は、お店のオープンに合わせて建てられたんですか?

「そうなんです。ようやく6年経ちますけど、お店っていう認識がされてなくて。「お家かと思ったらお店だったのね!」と言われることもあります。」

●だけど、こうやってお話しを伺うとバーっといっぱい来るよりも、小川さんと話がしたいなというお客さんがいっぱい来るんだろうなと思います。

「そうですね。なんとなく「疲れたー」って言って、「もう仕事やだぁー」ってここ来て座って、お茶飲んでいくような。」

●え、何も買わないで!?

「そういう人もいます。でもいいんです、来てくれるだけで。」

IMG_0201 IMG_0207

●いい店じゃないですか!

「なんか嬉しいんですよね。ここに来て、「なんか癒されたーありがとう!」とかって言われると。」

●それは入ってきた時に、この雰囲気とか空気感、匂いみたいなのがすごい癒されるなって思いました。それでは小川さんにとって、この相模原とはどんな街ですか?

「何もないけど、住むにはいいですよね。買い物や遊びにはどっかに繰り出さなきゃいけないけど。昔は相模原を出たい出たいとずっと言っていました。でも今はなんか中途半端な田舎具合が好きです。山が見えたりとか、ちょっと行けば川があったりとか。」

IMG_0496

<お店インフォメーション>

住所:神奈川県相模原市緑区下九沢1521-6
TEL:042-713 -3136
FAX:ナシ
MAIL:tenshinoyume0715@jcom.home.ne.jp
営業時間:10:00~17:00
定休日:日・水・土・祝日
駐車場:10台
ホームページ:https://m.facebook.com/tenshinoyume104/

IMG_0248

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CHORUS公式twitter

CHORUS公式twitter

相模原市

相模原市

相模原商工会議所

相模原商工会議所

相模原市自治会連合会

相模原市自治会連合会

相模原青年会議所

相模原青年会議所
ページ上部へ戻る