トラットリア メルカート

相模原市のイタリアン好きで、この店を知らない人はもぐりだ。

「トラットリア・メルカート」

IMG_2862

イタリア語で”市場”という意味で、より取り見取り市場のような豊富なメニューの数々。
国道16号を上溝方面に奥へ進んでいくと、ガラス張りのキレイなお店がひょっこり現れる。

店内に入ると、モダンでスッキリとした内装で、キッチンには大きなオーブンがある。
見たこともないくらい大きなオーブンから取り出されるのは、決して特別じゃないけれど、地場や安心にこだわりぬいた食材を駆使したイタリア料理。
そして、それはどれも絶品。
料理だけではなく、スイーツも色とりどりで、美しく、かつ、美味しい。

IMG_2843

街角にひょっこりあること自体がすごく不思議な本格イタリアン、トラットリア・メルカートを今回は紹介します。

それではオーナーシェフの小川さんに語っていただきましょう。
インタビューアーはあやかちゃんです。

「日本語に直訳すると大衆市場という意味なんですよ」

インタビュー=あやか

IMG_2860

●お店の由来を教えてもらってもいいですか?

「トラットリア・メルカートというのはイタリア語なんですけど、日本語に直訳すると大衆市場という意味なんですよ。要はどなたでも気軽に入れて、新鮮な食材のお料理が食べられるという意味合いですね。あと、市場というのは当店が自家農園を持っていますので、そちらの野菜を使いながら、お料理を提供しているので、市場=メルカートとつけさせていただきました。」

IMG_2889

●その農園ってどちらにあるんですか?

「田名にあって、無農薬で作ってるんですよ。元々は家族が食べる分だけ作っていたのが、今はお店に出す分も。ただ季節物を作っているだけですので、全部ではないんですけどね。」

●じゃあ野菜はどれも新鮮なんですね。

「新鮮ですね!だから虫もいっぱい食べちゃいますけど」

●虫が食べるほど美味しいってことですね。このお店のオススメのメニューは何ですか?

IMG_2866

「皆様が一番喜んでくれるのはデザート。ドルチェですね。」

●はい、とっても美味しかったです!そこのドルチェのショーケースを見ていて、「あー食べたい全部食べたい!」と思っちゃいました。

IMG_2805

「空間を売りながら食を売る」

「食材にこだわりたくて、卵からこだわっています。ケーキ屋さんではない味わいで、レストランならではのものを提供できるようにしています。ただ、よく持ち帰りを希望される方がいますが、販売はしてないんです。」

IMG_2812 IMG_2816

●販売してないんですか!?ここでしか食べられないということですね。

「製菓販売の許可証を持っていないのと、あとは食事用のドルチェなので、味も食事用に作ってあるんですよ。」

●ドルチェも食事用の味付けがあるんですね。

「家に持って帰って食べると全く雰囲気がないものになっちゃうんです。味が全く異なってくるんですよね。コーヒー、紅茶の有るナシもそう。家に持って帰ってコーヒー、紅茶を飲まずに食べると、また別物になってしまうんですよね。空間を売りながら食を売るという(笑)」

●ちなみにそのドルチェの中で一番人気は何ですか?

「一番人気は、やはりティラミスとマスカルポーネですね。今マスカルポーネチーズがすごく人気です。マスカルポーネって直訳するとどういう意味かわかります?」

●知らないです。教えてください。

「直訳すると“ミルククリーム”っていう意味なんですよ。マスカルポーネは、生クリームを原材料にして作ったチーズなんですよ。通常ですとミルクが原材料で、モッツァレラチーズとかは水牛のミルクで作っていますよね。マスカルポーネに限ってはクリームが原料なんです。だからミルククリームならではの濃厚さと、香りがあるんです。それだけ高級なチーズですので、ドルチェにすると美味いんですよね。ちょっとしたうんちくでした(笑)」

●すごい。今日はためになりました!

IMG_2832

「毎日お料理を作らせてもらえるのが、仕事じゃなくこれが生活の一部だと思ってやっているので。だから楽しいですよね。」

●お店をやっていて良かったなと思う瞬間を教えてください。

「やはり皆さんに美味しかったっていう一言をいただけるのが一番嬉しいですね。そのために店をやっているという感じです。逆に利益度外視でもやりたい。毎日お料理を作らせてもらえるのが、仕事じゃなくこれが生活の一部だと思ってやっているので、楽しいんですよね。これが仕事ってなってしまうとキツイでしょうね。」

IMG_2904

●これだけ素晴らしい料理を相模原で提供されているわけですけれども、他にも多くの方が相模原にお店を構えていると思うんですが、どういったところに惹かれるんだと思いますか?

「たぶんあれじゃないですかね、時間に追われない街だからじゃないですかね。都内だと時間に追われるじゃないですか。やっぱり人が追われているから、お店も追われて、一日が煽られて終わってしまう。ここは空間をちゃんと作っていけば、お客様は自分たちの時間でのんびりしてくれるので。田舎じゃないんですよね。田舎はもっと遅いですもん。」

●なるほど!貴重なお話、どうもありがとうございます!

 

<お店インフォメーション>

住所:相模原市中央区中央5-1-2ベルドールコート1-A
TEL:042-776-0034
FAX:042-776-0034
MAIL:mercato@ebony.plala.or.jp
営業時間:11:00~15:00 (LO 14:30)、18:00~22:00 (LO 21:30)
定休日:月曜 (祝日の場合翌火曜)
駐車場:ナシ (ななめ前のヨコカンさんの第二駐車場をご利用下さい。)
ホームページ:http://italia-mercato.com/

IMG_2898

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CHORUS公式twitter

CHORUS公式twitter

相模原市

相模原市

相模原商工会議所

相模原商工会議所

相模原市自治会連合会

相模原市自治会連合会

相模原青年会議所

相模原青年会議所
ページ上部へ戻る