今年も大好評を博した「さがみはらスイーツフェスティバル」。

市内30以上の様々な店舗が甘味の技術、発想のしのぎを削った秋が終わりました。
ここでは、参加店さんの裏の顔や作品に込めたこだわりを振り返っていきたいと思います。
パンだと思って甘く見るなかれ。
むしろ近年のパンの活躍の目覚ましさと言ったら。
都内のイベントなどでは、パン縛りで万単位の人が集まるくらい、世間の注目は今パンにあります。
そして相模原も実力あるパン屋さんが複数存在していることにお気づきでしょうか?
そんな相模原パン界の実力店、カリメーラのスイーツフェスティバル特別インタビューです。

それではインタビューをどうぞ。

「いつも明るく元気に」

インタビュー:スイーツ取材チーム
●今日はよろしくお願いします。

「カリメーラの店長の大江と申します。よろしくお願いいたします。」

●お店の特徴を教えていただけますか。

「お店の特徴なんですけども、お店は9月に12周年を迎えました。ありがとうございます。自家製天然酵母と国産小麦で美味しいパンを焼いております。このカリメーラという名前は、ギリシャ語のおはようございますという意味を持っておりまして、いつでも明るく元気なあいさつでお客様をお迎えできるような、そんな意味を込めましてお店の名前を付けました。そして、そういうお店を目指しております。」

●店内、色々な商品がありますね!

「さつまいもたっぷり!あま~い「さつまいものスイートベーグル」のほか、好評いただいています「クリスマスシュトーレン」の予約販売をいたしております。季節ごとに限定商品なども多数用意しておりますので、
ぜひお越しくださいませ。」

●今年のスイーツフェスティバルのエントリー商品名を教えてください。

「カリメーラのスイーツフェスティバルの出品作品はさつまいものスイートベーグルでございます。相模原産のさつまいもと卵を使用した甘い美味しいベーグルを作っております。」

●このスイーツのアピールポイントはどこでしょう?

「さつまいもは「べにあずま」を使いまして、また、生地には紫芋粉を混ぜ込み、きれいな紫色を出しました。また、白ゴマも入っておりまして、そちらもよいアクセントになっております。」

●どうも、ありがとうございました。
~スタッフコメント~
清新小学校の横の住宅街にひっそりとある小さなパン屋さんです。
小さいながら可愛らしい店内にはたくさんのこだわりパンが並んでいます。天然酵母と国産小麦で作られたパンを楽しんでください。
スイーツ店以外にもカフェ、パン屋、居酒屋まで幅広いお店が創作メニューで競い合った2016年のスイーツフェスティバル。
来年はどんなドラマが待っているか、今から楽しみですね!
以上、コーラスがお届けするさがみはらスイーツフェスティバル特集でした。
※エントリー商品の販売の取り扱いは終了している場合がございます。
<お店インフォメーション>
住所:相模原市中央区清新3-14-14
TEL:042-750-1949
FAX:042-750-1949
MAIL:ナシ
営業時間:10:00~18:30
定休日:月曜日、第1・第3火曜日
駐車場:1台
ホームページ:http://e-sagami.jp/karime-ra/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CHORUS公式twitter

CHORUS公式twitter

相模原市

相模原市

相模原商工会議所

相模原商工会議所

相模原市自治会連合会

相模原市自治会連合会

相模原青年会議所

相模原青年会議所
ページ上部へ戻る